ホーム > ニュースリリース > 「打首獄門同好会」による岩下の新生姜ソング『New Gingeration』が5/6発売

岩下食品ロゴ
2015年4月21日
岩下食品株式会社

「打首獄門同好会」による岩下の新生姜ソング
『New Gingeration』が5/6発売

■打首獄門同好会の5/6(水)発売のシングルに岩下の新生姜が登場

打首獄門同好会『日本の米は世界一』と『New Gingeration』の2曲を収録したシングル、さらに昨年赤坂BLITZで行われたワンマンライブの模様を数曲収録したDVDが同梱で、5/6に発売になります。「日本の米は世界一」の歌詞に出てくる「米を 米米を」のフレーズはなんと米米CLUB公認、そして岩下の新生姜に捧げた「New Gingeration」に至ってはコンセプト自体が岩下食品の岩下社長公認という、濃い作品。

同梱DVDには、昨年赤坂BLITZで行なわれワンマンライブの模様を収録!
<DVD収録曲>
1.DON-GARA
2.私を二郎に連れてって
3.まごパワー
4.88
5.デリシャスティック
6.カモン諭吉
7.今日も貴方と南武線
8.How do you like the pie?

日本の米は世界一/New Gingeration


価格:1,400円(税抜) 品番:LDCD-50114/B

■「New Gingeration」発売に寄せて

皆様。「打首獄門同好会」という素晴らしいロックバンドがあるのをご存知でしょうか?2004年結成の、男性ギターヴォーカル(大澤敦史さん=会長)と女性ベーシスト(junkoさん)、女性ドラマー(河本あす香さん)の3人組です。昨年11月まで、私は寡聞にして存じ上げませんでした。

2014年11月、Twitterで、私と交流のある新生姜ファンの女性が、このバンドのドラムスのあす香さんに新生姜を薦めてくださって、その声に応えて、あす香さんは新生姜を購入、いきなり肉巻きを試したり、新生姜の残った漬け液にきゅうりや長芋、カブを漬けたり、大変気に入ってくださいました。その様子をTwitterで眺めていた私も、感謝の言葉を送ると同時に、このバンドに大変興味を持って『10獄』というベストアルバムを注文したのです。

『10獄』。聴いて驚きます。面白い!うるさい!熱い!情熱が伝わってきます。音楽好きを唸らせる、ラウドロックとパワーポップの同居したようなごった煮感覚を、豪快なまでの強引さで快感へと導いてしまうサウンドでした。一曲の中で、男声と女声が交差するのですが、ラウドな男声からポップな女声に転換するときの爽快さは、実に見事でした。

そして、なんと言っても、歌詞がいい。「生活密着型」の歌詞がラウドロックの様式に則って畳み掛けられてきます。特定の商品やお店(たとえば、「うまい棒」「ミスタードーナツ」「ラーメン二郎」「ファミマ」など)を歌う場合でも、それらを茶化すのでなく、それらが本当に好きでたまらないということが素直に伝わってしまう、言わば「愛の歌」として成立しているのが素晴らしいところです。それが恐らく熱烈なファンの心をつかんで離さない所以と、私は理解しました。

すっかり打首獄門同好会のファンになった私は、調子に乗って、こんなことをつぶやいてしまいます。勿論、正直な気持ちです!

岩下和了@shinshoga
打首獄門同好会の『10獄』を聴かせていただいた。たぶん頼まれてないのに強烈な応援ソングの嵐。めちゃうまい棒食べたくなったし。ファミマ行きたくなったし。岩下の新生姜もね、打首に取り上げていただけるように精進しなくちゃ。うーーぅライブ見たい!!!
(2014/12/02 のツイート)

その後も、メンバーの皆さんからの新生姜を利用したレシピのツイートが続き、実験精神に驚くと同時にありがたく感謝していたのですが…翌年1月、そんな彼らから「岩下の新生姜」をテーマにした新曲を制作したいと連絡があったのです。飛び上がるほどうれしかったです。

喜んでOKの返事を送りました。すると、ぜひ、いい曲にしたいから、可能であれば岩下食品を訪問して取材、工場見学も...とおっしゃる。本当に誠実な方達なのです!喜んでお迎えしました。その日は新生姜のことも色々紹介しましたが、それよりも、音楽の話で意気投合した時間の方が長かったかもしれません。最高に楽しい時間でした。

そんな経緯を経て、出来上がった曲『New Gingeration(ニュージンジェレーション)』は、様々なロックの要素が交じり合った、ジェットコースター展開の、なんともカッコいい曲でした!歌詞では、ピュアすぎるぐらいにピュアな新生姜愛を歌ってくださっています。「岩下の新生姜、いろんな食べ方をしてくれ、本当に旨いから!」と叫んでいるように聞こえます。

私達は内容に口をはさむような立場にはありませんが、デモを聴かせてくださったとき、「わぁ。広告代理店に発注して作ってもらった曲と誤解されても仕方がないくらい、熱い新生姜愛の歌。カネの匂いの全く漂って来ない打首さんなのに、誤解されたら申し訳ない」そんな気にすらなりました。

でも、自分らの好きなものは熱烈に「好き」と歌う。ただそれだけ。それが打首獄門同好会の最高なところです。みなさま、どうか誤解なきようお願いいたします。彼らの思いは本当にピュアなものです。

私も、そのピュアな思いに少しでも応えたいと、打首さんのライブに何度か顔を出しました。CDもいいけど、彼らのライブは本当に最高です!冒頭「うまい棒を回せ!」の掛け声とともにオーディエンスに回される大量のうまい棒。観客は、それをペンライトのように回しながら、少し照れつつも、激しく。私も、モッシュエリアで汗だくになって踊りまくります。ライブ会場で、『New Gingeration』が披露されると、まだ音源の発表前だというのにギターの大澤会長が「岩下の~」と唸れば、オーディエンスは力いっぱい「新生姜!」と応える、コール&レスポンスが繰り返されているのでした。

そして、この『New Gingeration』を、なんとシングルで発売すると聞いたときは、再び目を丸くしました!お米をテーマに制作した『日本の米は世界一』のカップリングとして、2015年5月6日(水)に発売されます。

感謝の気持ちでいっぱいです!このCDを、是非たくさんの方に聴いていただきたい!ライブ会場で、一緒に「新生姜!」って叫んでほしい。そう願ってやみません。

打首獄門同好会。大好きです!!最高のバンドを知ることが出来て、私は本当に幸せに思っています。

(岩下食品 代表取締役 岩下和了)

打首獄門同好会

■関連リンク


ページトップ